Life in Tokyo: Roy Hargrove Quintet Life in Tokyo

Life in Tokyo

|

2007-09-09

Roy Hargrove Quintet

ただいまー。
今日は待ちに待ったRoy Hargrove Quintetのライブ@Blue Note。丸幸のNGO祭りを午前で早退して行ってまいりました~!
本当はだいぶ前から並ぶ予定だったんだけど、手違いがあり、ついたときには既に50人くらいの列。こうなったら最前列はダメだろうと思って、でもどうせならRoyの立ち位置はJustineの右のはずなので、右側シートに座るべきか、それとも左側から全貌を見たほうがいいかな~と色々計画を練っていたら、ラッキーラッキー!最前列、しかもRoyのまん前が取れたのです~!!!もーめっちゃラッキー!で、開演前からワクワクソワソワソワソワ。
開演後は登場後すぐ「ロイ」っていうと「ヘイ」みたいな感じ!近い近い♪ 触れそうなほど近い!
んで演奏中は行き着く間も無いほど興奮&鳥肌立ちまくりでした。とにかくすごい熱いライブ、すっごいよかった!!!Royのライブ確か4度目だけど、これほど首痛くなるほどまん前で見たこと無かったし、生音も生音、振動がそのまま体に突き刺さる感じですごい衝撃的だった!汗や管の水しぶきがスポットライトでシュワーって立ち上がるんだけどこれまたすごいかっこよくって。指使いとか盗めるとこあるかと集中してたんだけど、高度すぎで無理です!それにしてもロイもメンバーも楽しそうだったな~。アンコール入れて7曲くらいかな、1時間10分くらいのライブ。あっちゅうまでした。。。終了後はあまりの感動で友達とも隣の席の人とも「すごいすごい」の大連発でした。 awesome!awesome!awesome!

Royはもちろん、Sax(ジャスティン)もすごく滑らかでステキだった!しかもジャスティンは礼儀正しくっていい人だったー!
って感動の余韻に浸ってお会計に向かうとなんとRoyがいるではありませんか!?しかも友達の彼はブラックアフリカンなんだけど、Royから「ヘイブラザー」みたいに握手を求めてきてですね、その流れで色々話をすることができました。まずとにかく今日はすっごいよかったってのと、去年11月にNYで見たんだよーっていうのとを伝えて。んで厚かましくも握手にサインをお願いしたら「Sure」!と言っていただき、その上写真も撮ってもらったのです!超ミーハーハーミー。本当はRoyの影響でトランペットはじめたこととかも言いたかったんだけどもーかなり舞い上がっており、言うのを忘れてしまいました。でもこういうとき、英語分かってよかったなーっ!それにしてもRoyは今までクールな印象だったんだけど、すっごい気さくでいい人でした。 &石鹸みたいないいにおいでした。手はね、それほど大きくないけどあったかくってふわって弾力がありました。さっすがペッター!

帰りしも、すごかったすごかったの連発で骨董通りを歩いていたらソイルの元さんに遭遇!♪「元さーん」って声かけたら第2ステージ見に向かってるって。おー!もしかしたら第2ステージはタブさんとかも行ってて飛び入りとかしてたりして。(あー見たかった!)
サインみてはニヤニヤ思い出し笑いをしてかなり気持ち悪い感じで自宅にたどり着いたら、今度はソイルのワンマンが決まった事を聞き!今日はロイとも話せたし元さんにまで会えたしワンマンまで知ったし!何よりライブはさいこ~だったしなんていい日なんだろう!出来すぎです!awesome!awesome!awesome!


quintetではないけど、Roy Hargrove&アグレッシブMaurice Brownのステキなセッション


それからそれから昨日の地元のお祭り(おまけ)
昨日も今日もダブルトリプルヘッダーだったけど丸幸もうまくいったし、最終的にとってもいい週末でした。
awesome!awesome!awesome!


ラベル:

3 Comments:

  • milhouseさん始めまして。
    SUEと言う者です。私もROYの大ファンで、そしてSOILファンでもあります♪
    検索してたら偶然みつけたのでカキコさせて頂きました。

    私は10日に思い切って2ステージ見ました!
    だって、仙台在住で3000円の高速バスに乗って行くんだし、次に観れるのは1年後か2年後かって事で。
    1列目の左端と正面の右側で☆
    2ステージとも凄いエキサイティング!!
    今までで最高のステージだった♪

    私も今回で4回目のROY。そして、ハバナを聴いてラッパを始めた人です。
    ラッパ歴は6~7年。現在猛練習中。

    milhouseさんはお話出来たのですね、羨ましい!!!私はガレスピーBIG BANDの時に握手&サイン貰って、英語できずに。。。
    今は中学英語からやり直し★
    いつかmilhouseさんの様にNYでROYのセッションを観るのが夢です。

    あ~、勝手に仲間意識で長くなっちゃいました。また時々覗かせていただきます。
    宜しくです♪

    By Anonymous 匿名, at 13/9/07 01:26  

  • SUEさん
    はじめまして。コメントありがとうございます!
    あまりに似通った境遇でとってもうれしいです!!♪

    今回のBlue Note本当にいいライブでしたね!
    2セットとも同じ構成でした?セカンドの方が後ろがないので、もしかしてゆったり聞けたりしました?私もお財布に余裕があれば是非見たかったんですけど…うらやましい!

    前回のBlue Note(RH Factorでの来日)もご覧になりました?(だいぶ前だけど…)
    私はRHも好きだけど、今回のようなクインテッドやBig Bandを従えているRoyが一番好きです!

    NYのライブはきっと地元ということもあってRoyはもっともっとリラックスした雰囲気でウタも披露してくれてこれまたステキでしたよー。いつかまた行きたいです。

    ちなみに私もRoyはハバナで完全にはまりました。ラッパ暦はSUEさんの方が先輩ですね~。Royの曲とかも吹いたりしてます?

    でもって、ソイルもファンですかー!!今度またワンマンありますねー!とっても楽しみです!♪

    By Blogger milhouse, at 13/9/07 21:06  

  • 追記です。

    SUEさん、もしご存知でしたら教えてください。
    Jazzの場合、3の指ってたくさん使うんですか?
    Royは23(ソ♯?)と3をよく使ってたんですけど、私は3だけの指使いはしたことがありません。3って12(ミ/ラ)と同じなんですよね。

    トランペットの先生に聞いたところ、クラシック奏者はやらないそうですが、Jazzだと使うとか…
    私はまだ楽譜がないと音階が聞き取れないので何の音の時にやっていたか忘れましたが、そういうやりかたもあるんだなーと新たな発見でした。

    これまでそこまで近くで見たことがなかったので、指使いまで気づかなかったのですが、ステージに近いといい事ありますね!♪

    By Blogger milhouse, at 13/9/07 21:24  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home