Life in Tokyo: ペルー雑感 温泉編 Life in Tokyo

Life in Tokyo

|

2007-10-12

ペルー雑感 温泉編

マチュピチュ一日目、太陽の門(インティプンク)から下山後、女子だけアグアスカリエンテスの温泉へ行ってきました。温泉といっても水着で入るプールみたいなところ。どんな気持ちいいお湯なんだろうと期待してたらどのプールもぬるい上に、中にはなぜか砂が敷いてあり不思議な雰囲気でした。

唯一賑わっていたプールには太陽の門で会ったインカトレイル帰りのイギリス人のお兄さんたちが!(つかの間の再開に喜んでいる写真)
どうやらそのプールだけ比較的暖かかったため人が集中したいたらしく。。。

私たち、最初はそこに入るのは戸惑っていたけど、あまりの寒さに我慢できず入るはめになりました。なぜ戸惑ってたかって?だって彼らは4日間の汗を流さずそのまま浸かっていたに違いない。イギリス人の風習的に絶対そうに違いない!シャワーがあったんですが、温泉につかる前にそのシャワーを使ってたのはきれい好きな日本人だけでした。

水はね、何かに効くらしかったけど、よくわかんなかった。鉄臭くて、なめるとしょっぱい感じ。だからきっとミネラル豊富ないい温泉だったんだろうな~。あのイギリス人のだしもいっぱい入って栄養たっぷりだったに違いありません。

我々、イギリス人のダシは我慢したけど、ドレッドのお兄さんが入ってくる瞬間にあがりました。さすがにドレッドの方とは…

生ぬるいお湯でしたが、あがった後もしばらくぽっかぽっかでした。なので何かに効能はあったはずで、翌日のワイナピチュに登る糧になったに違いありません。マチュピチュに行って、アグアスカリエンテスに一泊する場合は是非温泉をお試しくださいまし!

ラベル: ,

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home