Life in Tokyo: イギリスで流行ってたTV番組①Deal or No deal? Life in Tokyo

Life in Tokyo

|

2006-04-19

イギリスで流行ってたTV番組①Deal or No deal?

『ディール・オア・ノーディール』つまり、「勝負するかしないか」のゲーム。

ゲームはとてもシンプルで、22個だったかな箱があるの。22人の人がそれぞれBoxを持っていて、挑戦者はそのBoxを一つ一つ開けていきます。あけるとその値段が消えていき、最後に残ったBoxの中身をもらうようなゲーム。途中でバンカーという人が出てきて、Dealするかそれともしないか、という心理ゲームが混ざります。

Boxには値段が書かれていて値段はこれだけ。
1p,10p,50p,£1,£5,£10,£50,£100,£250,£500,£750,£3000,£5000,
£10000,£15000,£20000,£35000,£50000,£75000,£100000,£250000

つまり、2円~50,000,000円のBox。もちろん 最高額£250000が残れば一番いいのですが、挑戦者の心理状態や、リアクション、それから視聴者としても「Dealして!」とか色々TVに向かって叫べるという意味で楽しい番組でした。

既に欧米やオーストラリアでも番組があるようなので、ミリオネアのように日本にも輸入される日が近いかもね。

UKではチャンネル4で4時とか5時とか毎日夕方にやってるそう。出張中は仕事で見れなかったけど、オフとって友人宅でのんびりしている間にはまっちゃいました。司会者はノエル・エドモンドって人。昔トップ・オブ・ザ・ポップスとかの司会もやってたんだって。ショーのイメージは"Who Wants to Be a Millionaire?"(クイズミリオネア)みたい。(司会者はミリオネアのクリス・タラントの方が好き♪)
http://www.channel4.com/4money/ontv/deal_or_no_deal/

ラベル:

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home